忍者ブログ
Dummy
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


残り3話か・・・



<アバン>
週刊誌の記者が苹果ちゃんに接触しました。このタイミングでマスコミ登場てろくなことにならないよね・・
啖呵きる苹果△

<Aパート>
陽毬と苹果の仲良し会話に心がほっこりした。おにゃのこ同士はええのう。一応恋敵だけど。
ミカちゃんハウスの話が出てきます。ミカちゃんドレスのスカート部分がプリクリ様のと似てる。
高倉家のカラフルな外装の誕生話が明かされましたね。あの家には不釣合いな天蓋付ベッドのことも。
いいなぁ、こういうささやかなエピソードは今のピンドラには必要な和み成分。
だってもうホント見てるのが辛い展開多すぎるんだもの!
寝静まった夜に家を抜け出しす冠葉に気付いて追う陽毬。例の記者によって陽毬は自身の治療費の出所を知ってしまいました。誰かがリークした?
行き着いたのはラーメン屋リナちゃん。冠葉と黒コートの男が出て行ったのを見計らって店に入る陽毬。
しかし店内は荒れ果て廃墟と化しています。えっどういうこと?さっきまで普通のお店だったじゃん。
何かオレンジのジャケット着た死体らしきモノが見えるんですけど。えっこれってそういうこと?

ここで眞悧の幽霊についての話が始まります。あっ鷲塚先生お久しぶりでっす。
眞悧は高倉剣山と共に第36次南極環境防衛隊に参加していた&鷲塚医師の元教え子だった事実が判明。(´・ω`・)エッ?
更にピングフォースのリーダーとしてテロを起こすも失敗して死亡してしまったと。(´・ω`・)エッ?
(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)何ですと?!
落ち着いて情報を整理します。
・16年前に地下鉄テロ事件をピングフォースが起こした(リーダー:眞悧、実行犯の中心:剣山)。
・桃果が日記の力を使ったことにより壊滅的な被害は免れた。
・眞悧と桃果はテロの前後に死亡し、図書館みたいな所(死者しか入れない)で出会う。
・眞悧と桃果は似たような存在だったが、桃果は眞悧を拒絶する。
・眞悧は所謂幽霊と呼ばれる存在になっているが、生者に干渉できる(←何かの能力か?)。
・眞悧は今とは異なる運命世界を現在も望んでおり、かつての同胞(の子ども=冠葉)にそれを行わせようとしてる?
以上が眞悧関連の情報ですか。黒幕は眞悧ということでFA?

<Bパート>
週刊誌の記者が今度は晶馬に接触しました。これで晶馬も冠葉の裏について知ることとなります。
冠葉を詰問するも軽くかわされて、ならば拳で成敗してくれると殴りかかる晶馬。弱そう。

場面変わって陽毬の回想。真砂子さんとの対談です。
真砂子さんの話しぶりから察するに、
冠葉は夏芽父と共にKIGAへ残ったが夏芽父が死亡してしまった。しかしKIGAへ残った時点で夏芽家から勘当されていた(夏芽家当主としての人生がなくなった)。
ということかな。そして陽毬と真砂子は冠葉を救う為の共同戦線を張るようです。おお胸熱。

で、件の冠葉は晶馬をぶっ倒してました。やっぱ晶ちゃん弱ェ・・ってか冠葉が強いのかな。そういうことにしとこう。ボコられてはぁはぁしてる晶ちゃんエロイ。
陽毬を救うには金がいると言い切る冠葉は何かの伏線かな?陽毬を救う金銭以外の手段を晶馬が探すとか(そういえばピングドラムはどうなった)。
そして冠葉の非情な家族解消宣言。
Aパートのミカちゃんハウスの話がここに繋がるのかー・・高倉家はミカちゃんハウス、人形の家=本物の家じゃないってことね。
おまけに冠葉が殺人を指示する現場を見ちゃって、キッツイなこれ・・・orz

そして例のラーメン屋を訪れる多蕗。学校辞めて、色々調べ回ってたのね。
ところが目的の人物は白骨死体になっていました。この死体は何か不自然じゃないか?死因は何だ?
生前の様子だと健康そうだったから病死の線は薄いし、他殺だと死体が見える位置に放置されてるのが謎。
そうなると自殺になるけど、あれだけ目的意識が強く、また子想いの人間が自殺っていうのも・・
ともかく高倉夫妻は既に死亡してました。だから眞悧は冠葉に目を付けたのかな?
とここでユリさん登場。あんまり驚いてないからユリさんは高倉夫妻死亡を知ってたのかも。
復縁するのかなー今度はちゃんと家族になるのかなー(0゚・∀・)とか思ってたらアサシン乱入で台無しだよ!
あれ刺されたよね?ベタに考えたらユリを庇って多蕗が刺された感じか。
何かこれも冠葉が裏で手を回してそうだ・・

そして冠葉のいなくなったミカちゃんハウス。
褪せた色調が痛い。目には優しいけど心に痛い。元がカラフルな家だから余計に色の演出がグサッと来るなぁ。
一度口に入れたバウムクーヘンを戻して2つに話って3ちゃんに分けてあげる2号。あの食欲の権化が・・(´;ω;`)
でもせっかく分けたそれを食べてくれる相手はもういない(´;ω;`)
昔のマフラーを晶馬に返して「絆だった」と言う陽毬は、晶馬への気持ちに踏ん切りをつけたのか・・
晶馬は晶馬で、陽毬の気持ちに気付いてっぽいな。色んな意味のこもった「ごめん」だなぁ。
家族ごっこに巻き込んでごめん、気持ちに応えられなくてごめん、最期なのに一緒にいられなくてごめん。そんな感じかな。

家を出た冠葉は黒づくめの男たちと何やら打ち合わせをしてるっぽいです。その後ろには陽毬が。
陽毬は最期の時間を冠葉の為に使う決心をしました。冠陽ルートもすり合ってるようですれ違ってるなぁ。
何気に本編初登場(バンク除く)の黒テディドラムは何を暗示しているのでしょう?

<Cパート>
21話にして始めてのCパート構成です。冠陽の出会いの回想。
父親が死んで、その生前の言葉が「お前じゃダメだった」って子どもに対してどんな仕打ちだよ・・
勘当云々を抜きにしても、冠葉は夏芽家(というか実父)を憎んでそうだな。
そして何故1号のチャームポイントが絆創膏なのか判明しましたね。あれはロリ陽毬がショタ冠葉に貼ってあげた物なのか。
絆創膏を貼られた瞬間、色調が明るくなるのはベタだけど良い演出。
冠葉の世界が色づいて、「守りたい、この笑顔」ってなったんやなー(´Д⊂ヽ
でも多分、このままじゃ陽毬の笑顔は守れないんだよ・・

<総括・次回へ>
家族ごっこに終わりを告げ、冠葉が完全に修羅の道へ入ってしまった回でした。
主人公は晶馬で、ラスボスが冠葉(+眞悧)で、メインヒロインは陽毬ってことでおk?あっ苹果ちゃんは晶馬を助けるヒーローということで。
ただ冠葉が始末したのがあの雑誌記者だったり、晶馬への言葉の感じ(お前は見ていろ、とか)といい、距離を置くことで冠葉は晶馬を守ろうとしているように思えました。
陽毬は病気だし薬のこともあるから傍に置いとかないとだけど、晶馬はそうじゃない。
むしろ、陽毬を救う為にかかるリスクが飛び火しないようにわざと突き放した印象を受けました。

来週あたり、うじうじ晶馬くんのケツをひっ叩く苹果ちゃんが見れると期待してます。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[10/19 Non]
[10/17 トナカイ]
[10/17 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
柳丸
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]