忍者ブログ
Dummy
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


胃が重い。ペンギンだけでは中和しきれんかった・・orz

あ、今回から感想の書き方を少し見やすくしました。
といっても見出しを付けただけですが。
最初からしとけよって感じです。サーセン。



<アバン>
多蕗さんの回想シーンです。モネの『日傘を差す女』をオマージュした演出ですね。
彼の五指の傷跡は、母親に捨てられないためにした自傷の痕なのか・・
わかってはいたけど、幼少期に過酷な経験をした人が多すぎだよピンドラorz

<Aパート>
陽毬を誘拐して、解放する条件に高倉父を連れて来るよう冠葉に要求する多蕗。
高倉父は行方不明のはずですが、そのはずはないという確信めいたものを持っているようです。
ということは、一応陽毬は父が来るまでの人質なのかな?とか思ったけど、予想以上にガッツリ殺る気でワロタwワロタ・・・

さてここで再び回想です。ここにきて子どもブロイラーが登場します。
多蕗は子どもブロイラー出身者でした。なんとなーく予想はしてたけど、子どもブロイラーは捨て子の処理場?か。
子どもブロイラーに集められた子どもたちは、透明になってやがて世界からいなくなる、だそうです。
どういう意味だろう?ベルトコンベアーに乗ったピクトたちが運ばれ潰される表現がされていますが、これは比喩でしょう。
記憶を消して洗脳するということ?記憶消去=透明で、以前までのその人はいなくなるという解釈でいいのか。

とにかく粉々に砕かれようとしているショ多蕗の前に桃果が助けに現れます。
私はあなたを必要としている、一緒に帰ろう的な感じの桃果に対し、母親に捨てられ人間不信なショ多蕗。
このアニメ、ろくな親が登場してないというか、我が子に対してえげつない親がフツーに出てて軽く吐き気がするお('A`)
生きる意味がないなら私のために生きて的な感じで、体を張ってショ多蕗を救おうとする桃果。
これは後の展開から考えるに単なる比喩表現ではなく、桃果は本当に我が身を犠牲にしたのかな。ユリの時もそうだったし。
しかしそれにしても、桃果は小学校低学年のはずなのに随分と大人っぽいというか子ども離れした雰囲気だなぁ。日記の内容もませてたし。
言ってることもやってることも全然子どもじゃなくて、運命の乗り換え能力以前にスゴイというか、ちょっと恐ろしい子だと感じました。
まぁ多蕗の回想内の桃果なので、実際の桃果より美化されている可能性は大アリですけどね。

<Bパート>
大急ぎで陽毬たちのもとへ駆けつけた冠葉。高倉父が来ていないと知り、陽毬を吊るすワイヤーを1本爆破させる黒多蕗。
Aパートで陽毬は父が来るまでの人質だと思ったら予想以上にガッツリ殺る気でワロタwワロタ・・・精神攻撃じゃないの・・・
多蕗は冠葉が裏で何をやっているのか知っている模様。証拠写真もあります。
これは、電車の中でカメラをいじくるダヨネからして、ダヨネが多蕗にリークしたのか?
ともかく冠葉は警察には頼れないので、そのまま復讐もとい罰の執行を続けようとする多蕗。
うーん、この辺の桃果語りをする多蕗はかなりの桃果教信者というか、これ確実に桃果を美化してますね。
「桃果は人類の救世主になるはずだった」って、でも子どもブロイラーでは沢山いたショ多蕗以外の子どもは無視してた(簡単に助けられる人数でもなかったけど)。
多蕗が思っているほど桃果は聖人君子ではないと思うけどな~(´ε`;)

そうこうしてる内に、また爆破されるワイヤー。陽毬かなりギリギリです。
ってか本当にこの辺怖い・・演出というか、カメラワークが不安を煽る角度でマジ怖い。
冠ちゃん・・手が酷いことになってるのに、「知るか」って即答する冠ちゃんが本当に辛い。
そして「もういいよ」って言う陽毬も辛い。妙に落ち着いてると思ったらこの子、罰は1人で背負うとかそんなこと考えてたのね。
やめて、もうやめて涙腺が(`;ω;´)崩壊・・うわあぁぁ陽毬逝ったあぁぁぁぁ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン
と思ったら多蕗が陽毬抱えてました。え、あの状況でどうやって?というツッコミは野暮かしら。
そしてこのアニメ死ぬ死ぬ詐欺が多いというツッコミも(ry
自分の左手を犠牲にしてまで陽毬を助けようとする冠葉に、奇しくも同じ左手を犠牲にしてショ多蕗を助けた桃果が重なって復讐を断念したのか・・
桃果のために生きていた多蕗と、陽毬のために生きたい冠葉も重なりますね。
エレベーターですれ違いざまにリンゴを引っ張る多蕗が切なくて堪らんかった(´Д⊂ヽ
大事な桃果の日記を落として多蕗を引っ叩くユリさんも切なくて堪らんかった(´Д⊂ヽ
多蕗は今でも桃果のために生きたいと思ってるんだろうな、だから彼女が望まないであろう復讐を遂げられなかった。
ユリは桃果のことはもちろんだけど、桃果を抜きにしても多蕗に情があるんだろうな、だから彼のあり様に怒った。
桃果というスタートラインは同じだけど、今は悲しいくらいすれ違ってるよこの人たち。
そして事の顛末を垣間見てたのかな?真砂子さんも冠葉のために何やら決意します。
リンゴはぼろぼろの兄妹に寄り添って、自らの決意を口にします。サブタイへの入りが神すぎてマジ拝みそうになった。

<総括・次回へ>
すごく鬱回というか、やるせない気持ちになった多蕗掘り下げ回でした。
大切な人を救うために奔走する年少組と、大切な人を失って今がぼやけてしまっている大人組。
どちらも必死だから、幸せになってほしいけど、どうだろうなぁ・・
ピンドラ残すところあと6話。終着駅が見えなさすぎてwktkどころかgkbrしまくりです。
っていうか晶馬!!この子いつまで蚊帳の外なの!( ゚д゚ )クワッ
仮にも主人公の片割れでしょうが!早く本気出さんかい!20話過ぎたらあっという間に最終回やぞ!
来週からは晶馬のターン来んねやろな?!信じてるからな!m9っ`Д´)

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[10/19 Non]
[10/17 トナカイ]
[10/17 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
柳丸
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]