忍者ブログ
Dummy
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アルヴィン独白シリアスな短めの話です。
時間軸はジュード編ハ・ミルイベント前くらい。セリフはうろ覚え。

気になって調べてみたら、スヴェントって名字はフィンランド系なんですってね。
へー!と思ってタイトルはフィンランド語にしました。
グーグル先生に翻訳してもらったので正しい文法とか知りません(;^ω^)
意味が気になる方はどうぞグーグル先生へ。



世間慣れしていないお人よしの子ども。騒動に巻き込まれた哀れな子ども。利用できると思って近づいた。取り入って情報を引き出して、いらなくなったらハイ、さようなら。最初は本当にそれだけだった。
海停で初対面を装って追っ手から助けた時、似てると思った。わけもわからず理不尽な世界に放り出され、母親とはぐれた迷子のような目。不本意な現実を受け入れるしかなくて、それに必死に耐えようとする背中。まるで昔の俺じゃないか。
少しだけ、慰めてやろうと思った。打算ではなく、同情。共感。わかる、わかるよお前の気持ち。俺も同じだったから。
…同じだと思ったのに。
 
アイツは綺麗なままだった。容赦ない運命の中で、絶対的な光を見つけて、その隣で笑っていた。嫌なことも悲しいことも受け入れて、真っ当に進もうとする。お綺麗なことで。
俺は汚れてしまったのに。たった一つ大事な光を守るために闘って抗って、汚れて、光の傍にはいられなくなった。母さんにこんな俺を見られたくなかったよ。
 
アイツは優等生。皆に好かれて信用されて、自分が傷ついてでも傷つく他人を救おうする。
俺は劣等性。皆を騙して裏切って、少しでも自分が傷つかないように他人を傷つける。
 
大違いだ。近いところにいたのに、いつの間にか光と影に分かれてちっとも重ならない。苛々する。気持ち悪い。暗い。道が見えない。どうして。
 
「何で、そうやって。お前だけが前に進むんだよぉ…っ」
突きつけた銃口の先は、どこ。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/19 Non]
[10/17 トナカイ]
[10/17 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
柳丸
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]